2011年08月26日

[Pocket News]今週末はレディング開催!

http://www.readingfestival.com/2011/
イギリスの三大フェスの一つ、
規模としてはグラストンベリーに続く、
レディングフェスティバルがいよいよ今週末始まります!

いやあロック大英帝国はさすがにロックフェスが多くて
羨ましい限りですが、その分治安もなんとやらとか。
でもやっぱり一度は行ってみたい海外フェス!

今年のレディング動画を貼りながら
ロック大国に思いを馳せてみましょう!

まずは再結成をしたPULP!!

登場はこの曲だった!!
Reunion後のでっかい大舞台にて
登場で「初めての時を覚えてる?」だなんてにくい!
ああ覚えてるよ、君らの音楽を最初に聴いたときを!
ってくう、ただ動画観てるだけの自分でさえ胸きゅうん!
そしてこうやってステージ上にたつジャーヴィスを見ると
なんつうか当時よりイケメンに見えてくるのは
わたしがただのオヤジ好きだからなのか?(ポ)
同じような動きや体型をしてるプライマルのボビーと、
また違うエキセントリックなかっこよさがジャーヴィスにはあるね!


さあきましたよ!
熱唱タイム!ハンドクラップタイプ!
ついPCのこっち側でも手が痛くなるくらい打ち鳴らす!
かあ、何たる名曲!!
走るジャーヴィス、あんた素敵やで。
The Sun誌でケツを拭くパフォーマンス含めて素敵な中年、ジャーヴィス!

ああイントロから身悶える〜!
こんなの観たら、もう絶対フジに来て欲しいですよね!
なんで再結成パルプ来日しないの?!ありえん!!
ぜひ来年の夏フェスに〜〜!(祈祷)
大将よ〜〜!!
わたしにもカモンピーポーって合唱させてください〜!!

ちなみにこの時のジャーヴィスは後ほどストロークスのステージにも乱入します!
乱入してThe Carsのカバーやったのです!すげー!すげー!

前方の客のJarvisコールがいいよねえ。
ってかジャーヴィス、、、、酔ってるの?(笑)
場末の居酒屋で安酒片手に若者に絡みだす中年リーマンに見えるのは気のせい?
それさえも褒め言葉!ジュリアンもそりゃ苦笑するわ(笑)
そんなとっても微笑ましき一夜限りのスペシャルコラボでした。
しかしこのカバーされた曲がまた名曲だよね。
原曲も貼っておこうね。


そしてストロークスも観ましょう!
今年の夏あちこちのフェスにひっぱりだこだった、
よっ!この人気者!モテ男!
いやあついサマソニ思い出しちゃうわあ。
クリマンはクソだけど出たバンドは最高だったわあ。

そう今年出たロックアンセムのひとつ!

わたし、、イントロのギターのメロディを合唱する客初めて見た、、
いいねえ。いいよお。あんたら熱い。
サマソニのストロークスファンも熱かった。
愛がいっぱいっていいよね、ライヴの醍醐味だよね!
その流れでのこの曲にいくわけですよ!


またもギターのリフを合唱するオーディエンス。
ああなんかたまらなく愛しい気持ちにさせられる。
みんないいこいいこしてまわりたい!

みてください、このお客さんの笑顔。
とまらない拳ふりあげ。
みんな無我夢中で歌ってるよー。
うわーん、なんか感動がこっちまで飛び火して、
なんだかわたし泣けてきました、、、

これが夏フェスマジック。
これがあるから毎年新潟まで大阪まで行ってしまうんだよ!!
ロックフェスがある今を生きててよかった!!!

その他レディング動画をどんどんどん!

でへ、またノアです。
チャーリーのエンジ色のサスペンダーとグレーのズボンの配色が
とてもオシャレな(超ひいき)ノアですよー、相変わらずとろけるっ。


フジでも素晴らしいパフォーマンスでしたヴァクシンズ!


いえいいえいいえい〜!
フジもこれに負けず盛り上がったよネイキドフェイマス!




サマソニでも真夏なのにモッズコート着てたよリアムとビディアイ!


毎回この曲には脳が焼けてしまうよクリスタルキャッスルズ!


永遠のフェスモッシュアンセム、ジミーイート!


彼らもいつかフェスで観たい、ザ・ナショナル!
来てないのがおかしいよね!

あとこれも観たいとです、これは猛烈に観たいです。
夏フェス常連さん!某ジャンルの大御所さん!




話題の若手もいっぱい!




ちなみにこっち系の人たちも出るのがこのフェス!




タトゥー率が一気にあがったよ!

こうしてみると昔のサマソニのラインナップに似てるのかなと思います。
さあ、お楽しみ頂けましたでしょうか?
ではまた来週〜!
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 21:43| Comment(0) | Pocket News!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

[今週のオススメ]フジ、マイベストアクト!

それは何を隠そうこのバンド。
レッチリmeetsイールズともいえる
カリフォルニアのマイペースロック・Cake!









posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 21:27| Comment(0) | 今週のオススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

[今週の新作]激しさと優しさと心強さと・・・。

竜巻にゲリラ豪雨にと天候が大変崩れまくってますが
みなさん傘を差してのチャリは違法で捕まります&危ないので気をつけてくださいね。
マナーアップ・フクオカ!
んでもって先程から何やら芸能界が黒い交際発覚のアノ人でてんやわんやしてるようですが、
みなさん悪の連鎖はあきまへんで。

そしてそして、明後日木曜日はPocketrock vol.12 開催します!
サマソニ、SUNSET、メタモで過ごす夏フェス総特集!&マデリカ20周年のプライマルをひたすら流すプライマルONLY40分タイムもございます!
みなさまのお越しをフジ土産クッキー(先着)抱えてお待ちしています!
●日時:2011/8/25(木) 19:00start
●時間:19:00〜25:00
●場所:CLUB LAB-Z ★親富孝通りファミマ横の岡部ビル6Fです
 http://www.lab-z.net/
●料金:1000yen (with 1ドリンク+コンピCD)
●DJ:hajime , mochi , K
  Regular Guest :Jr. , marcum ,

---
さて、本日火曜日は今週発売の新作をビシビシバシバシと紹介します手(パー)

■SONIC YOUTH - Hits Are For Squares
SONIC YOUTHの新譜、ではないけどマジで貴重な再発!!
以前、限られたネットワークでしか流通していなかった本盤、
一体なんなのかと言いますと、SONIC YOUTHの数ある名曲の中から
選りすぐられたトラックを収録した名曲集合コンピなんですが、
何を隠そうその選りすぐった面々というのが凄い!
レディヘ、BECK、リップス、PEARL JAMエディ、などなど
SONIC YOUTHを愛するみんなが愛する1曲を選んでコンパイルされているというから
なんとも素敵じゃないですか!
ちょっと曲目とコンパイラーを↓に挙げてみます!

1. Bull in the Heather (Selected by Catherine Keener)
2. 100% (Selected by Mike D)
3. Sugar Kane (Selected by Beck)
4. Kool Thing (Selected by Radiohead)
5. Disappearer (Selected by Portia De Rossi)
6. Superstar (Selected by Diablo Cody)
7. Stones (Selected by Allison Anders)
8. Tuff Gnarl (Selected by Dave Eggers and Mike Watt)
9. Teenage Riot (Selected by Eddie Vedder)
10. Shadow of a Doubt (Selected by Michelle Williams)
11. Rain on Tin (Selected by Flea)
12. Tom Violence (Selected by Gus Van Zant)
13. Mary-Christ (Selected by David Cross)
14. World Looks Red (Selected by Chloe Sevigny)
15. Expressway to Yr Skull (Selected by Flaming Lips)
16. Slow Revolution

あなたの好きな曲は誰かのセレクトと被っていますかな?
ちなみにわたくしCross The Breeze、Kool Thingがいいなとか思ってたら
レディヘがKool Thingだった!ちょっと嬉しかった!いや、だいぶ嬉しかった!

そんなわけで改めましてド名曲を聴き、拳を振上げてみよう!





■HARD-FI - Killer Sounds
ジャケットデザインなんかいらねぇよ!!と裸一貫にダンスビートの褌だけ巻きつけてロックという土俵に
突如現れた新弟子HARD-Fiもデビュー戦から早いもんで6年です。
髷も堂に入った重量級に変貌した彼らがハッケヨイagain!4年ぶり新作どすこい!!

▼まずはアルバムを全曲試聴してみてください!


ブレてないっす。全くブレてない。3枚目でも一貫して崩れずにこのクオリティ?スゴイよHARD-Fi!!
それに全曲聴いてみたところで一体どの曲がシングルなのかわからない、
つまり全てが4番打者となりうる素晴らしい出来であることに本気で驚く。
次々と放たれる場外ホームランの嵐に観客はもはやビールを煽って踊ることで応戦するしかないではないか!!

▼そんなわけでシングルはGood For Nothingでした


フジで見たカイザーと言い、あのUKフィーバーの波に溺れずに飲み込まれずに
キッチリと実力をつけてるバンド達は本当に強い。
ぜひともライブで見たい!!!待ってるよ!!!


■Nick Lowe - Old Magic
今月10日〜12日に、バンドでの来日公演を行ったあのニック・ロウ御大から
4年ぶりとなる新作という贈り物が届きました〜!!!!涙

軽やかに穏やかに朗々と紡がれるあの愛すべきメロディは、
ニック・ロウの歌声と言う最上の友と共に相も変わらず仲睦まじくスキップスキップ♪
ジャケットも最高にキッチュで最高!

今年10年ぶりにフジに出演したロンセクスミスはじめゲスト参加も豪華ながら
コステロらのカバーも収録されているというからコレはもう震える指先でCD掴んで
コンポに入れて聴くしかありゃしませんよダンナ!!!

▼ちょっと前に公開されたニックロウのショートライブ。ニック・ロウも61才になりました。
[曲目]
1. MAN THAT IVE BECOME.
2. ROME WASNT BUILT IN A DAY.
3. ALL MEN ARE LIARS.
4. HOUSE FOR SALE ★今回の新作に収録の新曲!


年を重ねながら積み上げてきたこの歌心に触れた時の表しようのない湧き上がるような喜び、
これはもう何にも変えられないなんとも素敵な感情だと思います。
この感覚を一生忘れたくないですね^^

▼若かりし頃のニック青年、改めてみてもやっぱ、かっこいいなぁ。



■The Vines - Future Primitive
ヴァインズというバンドはやはり特別なバンドで、
クレイグ・ニコルズという人物はやはり格別で生粋のバンドマンだと思う。
死に物狂いでギター弾きながら鬼のような形相で「愛をちょうだい」と叫ぶ2011年のVines。

今年お目見えしたVinesの新作"Future Primitive"の国内盤がやっとこさ発売されました!!!
待ってたよー!!日本盤にはボーナストラック2曲だー!!

▼リードトラック"Gimme Love"を教会(何故?)で披露する4人。


なんかようわかりませんが、ロシアで最も有名なウォッカの会社が教会ライブを企画し
Vinesが新作お披露目兼ねてライブを行ったみたいです(たぶん。情報があんま無い・・・。)
youtubeで「t Russian Standard Vodka Live At The Chapel」で検索すると
関連動画がドコドコ出てきますのでお時間許す限り見てみてくださぁい!!

▼しかし、よかった、クレイグが歌う姿を見れるのが何よりだ!!


▼オマケのGet Free。教会でもカミンカミン!!


また日本にも来て罵詈雑言だらけのギタギタなライブをしておくれー!!


■NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS - THE DEATH OF YOU AND ME
天才、と言ってしまえばそれまで。天才という取ってつけた呼称さえもバカバカしいくらい、
ただひたすらにグッドメロディだけが溢れまくるノエル兄さんの10月発売予定のアルバムからの
先行シングルです!!
この歌に胸をトキメかせ心を磨いてアルバムの到着を待っていましょう!!
特にB面"The Good Rebel"の素晴らしさには震えが止まりません・・・。
お兄ちゃん!!!!!おかえり!!!!!!!!おかえりー!!!!!!!!


■Clap Your Hands Say Yeah - Hysterical
最後に、9月中旬に待望の新作"Hysterical"を控えたクラップの先行シングルを
聴いてお別れしましょう!
さぁ!みなさんお手を拝借!このリズムで手を叩こう!このメロディで幸せを噛みしめよう!!



■オマケ「今週のフジ」
フジ'11が始まってもうすぐで1ヶ月ですね。え?7/31までじゃなかったのって?
ばかやろう!!脳内ではまだまだ妄想フェスが続いているんだよ!!
はい、あと11ヵ月後に迫った(・・・。)FUJI'12へ備えて2011年の思い出の総決算、
不定期にフジ'11を振り返るミニコーナー「今週のフジ」
第2回目はこの方です!



カイザー!
リッキーが登場した途端にその激やせっぷりに俄かにザワつく客席。
結構雨がひどかったんだけど、全力過ぎるパフォーマンスに柵にぶつかりながらダンシンダンシン!
この人達はもうライブの土俵に上がれば怖いものなしですね!
ライブバンド賞という勲章があるならぜひとも彼らに捧げたい!ちょっとまじで楽しすぎた!
こんなパフォーマンス力、なんかもうズルイ!
CDはもちろん、ライブの良さが100万倍くらいだよもう!!

▼お客さん撮影のI Predict A Riotもみてね
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 23:14| Comment(0) | 今週の新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。