2011年09月13日

[今週の新作]台風をも飲み込む音楽旋風!!平均年齢若めな今週の新作群!!

こんばんわ~ K(暑い)です!

涼しくなったと思って秋物の布団を引っ張り出した矢先にこの残暑ざんしょ?(・・・。)
もうたまらないです、お天気はお金持ちのお嬢さんと同じくらいたまらないです。

さて、先週土曜日は福岡・大橋で開催されているロックパーティー"IVY IVY IVY!"さんへ
mochi&K がゲスト出演させていただきましたー!
いやぁぁぁもう、本当、楽しかったです。
目をつぶればホラ、聞こえてくるよお昼休み終了のチャイムの音・・。
悲しい!月曜以降のバカバカ!
しかしほんと、とっても温かくて素敵なDJ陣のみなさまには感謝感謝でございます。
まだ IVY! さんのイベント未体験だぜ?というそこのアナタ、もつたいないよ!!
ぜひ大橋のFactotumさんへGOGOGO!そして共にDANCE DANCE DANCE!

▼ちなみにIVYさんのHPめちゃかっこいい
http://ivyivyivy.web.fc2.com/


さてさて、今日は何曜日だー!!??火曜日かー!!??火曜日と言えばなんだー!!??
そうだー!!新譜が発売される日だー!!
今週もお財布の限界と格闘しながら新作をCHECK&GETしていきましょう。
では、今週発売の新作をいくつかご紹介しますですです。

■Clap Your Hands Say Yeah - Hysterical
ついに出ちゃいました!!あの、あの幸せなら手を叩いてイエーッ!って叫ぶクラップの3枚目!!
先行シングル"SOME MISTAKE / MANIAC"ですでに最高のアルバムは約束されたも同然だった彼ら。
上の2曲ももちろんバッチリ収録の全12曲+日本盤はボーナストラック2曲!

▼ボーナストラックはボーナスどころじゃないクオリティ!なので国内盤を強くオススメします!


▼リードシングル!きゃぁああ☆☆☆たまらんです。早よ新作のライブが見たい!


解散なんて言葉もチラついたここ数年でしたが、こうして3枚目の作品を届けてくれたCYHSY!
実にセカンド以来4年ぶりとなる感激の新作、聴く前からすでにドキドキワクワクで倒れそうですが
気をしっかり持って(主に自分が)この1枚を楽しみましょう♪


■DRUMS - Portamento
サーフィンしようぜ!なデビューアルバムからまだたったの1年しか経ってない!
早いです、もうセカンド到着。
小姑目線としては、間髪入れずにセカンドが出るたびに「大丈夫か?巻き巻きで作らされてるんじゃ?」的な思いに駆られてしまいますが、さぁ果たしてDRUMSはどうか!?


おっと肩透かしを食らうくらい素敵じゃないのさ。なにさ。小姑体勢だった自分に赤面!
私的にはサーフィンよりも好きかも。。。小姑反省!

ちなみにリードシングル"Money"のB面になってる"Blue Stripes"が国内盤のボーナストラックになっている!
この曲もまた軽快なドラムとパーカッション、繊細な虹色ギターの音色が絡むエエ曲やった。

そしてこのアルバム、ラジオDJ Needle Drop も激押ししているのでその模様をどうぞ!


MOGWAIのTシャツがっつり着込んで意気揚々と DRUMS のココがいいぜ!って語る彼に悪気は一切なし。
まぁアリーナのスタンド席くらいの距離から彼を見ればモグウワイの一員に似て非なりな風貌だから許しちゃおう。

そんなわけで、やはりスルー厳禁な仕上がりを見せ付けたDRUMSは、晩夏を彩る至福のサーフミュージックの魔術師なのでした。


■Mates of State - Mountaintops
サンフランシスコの夫婦デュオ・Mates of Stateの6枚目となる新作!
夫婦デュオの良いところはなんと言っても絶妙なコーラスワークと押しすぎず引きすぎずのポップ感、
そして絶対的に美しいメロディー!
ということでその3拍子が見事な黄金率で詰まってる彼らの世界観は今作でもキラキラと輝いています。
眩しすぎるくらい!ヒューヒュー!

聴いてるだけで思わず笑顔、手を叩きたくなっちゃうこんな曲や


つい涙腺を刺激されちゃうこんな曲まで


歌心と音を楽しむ気持ちがいっぱい詰まったサンフランシスコからの贈り物、
あなたもこの音を手に取って誰かと聴いて幸せになっちゃったりしませんか?


■MALE BONDING - ENDLESS NOW
SUB POP がヤング界より世界へ送り込む最大の刺客がセカンドを発売!
MazesやClound Nothingなんかに心を射抜かれたみなさんには必ずや気に入っていただけるであろう1枚。
輝くことしか知らない青春期真っ只中の彼らが、人生直球勝負な想いを眩しく切ないメロデーに託してこれでもかと真空パックにしたかのような今作。
過ぎ去った思春期を懐かしむ世代をも飲み込みかつての青き感情をかき乱す!!




このやや軽いけど気持ちで叩くドラム、弾くことに一生懸命なベース、我武者羅ギター、まだまだ熟れていない歌声、
そして、なんてことないメロディーライン。
これが、これがイイんです!!
だってこのグルーヴはこの時期にしか作れない特権だと思うから。
そしてここに強い音楽愛があることが聴き手に伝わるからこそグッとくるものがある。
それがなければただの自己満だけど、こういう「伝えたい!」って気持ちがあるロックってやっぱ好きですたい。
だってロックってそもそもそういうものですもんね!
張り切って応援しちゃうよ!!もっと来いもっと来い!!

▼やばい!このメロデー!泣いちゃう!!



■Sam Cooke - Man Who Invented Soul
サム・クック。
稀代のソウルシンガー。

サム・クックのRCA時代の音源を4枚組にしたスペシャルパッケージが再発されました!!

歌うことと生きることが等価であることを切に訴えかけてくる彼の圧巻のライブ音源「Live At The Harlem Square Club」も収録されているというとんでもない音源集です。
当時、「美しく軽やかに歌う黒人シンガー」として判を押され売り出されてたサムが、
当時では到底考えられないシャウト連発、MCで絶叫、観客へ大声で笑いかける・・・など、当時としては異例だった"人間らしい"ライブを敢行した様子が、聴く者の手に汗を握らせ人生を抉られるほどの衝撃をもたらします。



入り乱れる観客の歓声が当時の様子をひしひしと物語っていてとっても生々しいです。

「Live At The Harlem Square Club」ライブ音源自体は単体で既に何年も前に発売されてますが、このライブ音源含めた今回再発された4枚組で聴くことを俄然オススメします。
歌うことに命を賭けた当時の歴史を肌で感じれるし、収録音源もきれいに網羅されててとても素晴らしいです。
いろんなサム・クックのベスト盤も出てますが、これだけ偉大なシンガーになると1枚では収まろうはずもないので掻い摘まれたものじゃなく4枚という妥当な枚数で聞かれる方が断然よいかと思います。
このベストは本当にオススメです、この機会にぜひ!






さてさてさて、先週9/6に国内盤先行で発売されたKooks、Girlsの輸入盤は今週に発売!
KULA SHAKERの「K」発売15周年(もうそんなに経つんだね・・。そりゃ年取るわな)記念盤や
MOGWAIのEP"EARTH DIVISION"も緊急発売しとります!

もう買い過ぎないぞと言いつつもショッピングカートが溢れ返っている K でした。
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 23:58| Comment(0) | 今週の新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。