2011年09月23日

[Pocket News]解散ニュースが続きます。

明日にはNirvanaのNevermindの発売20周年を迎えるめでたき日ですが、
今週もまたも解散ニュースに体が凍りつく事態を迎えました。

もう皆様ご存知でしょう。
現代のUSオルタナロックの良心として、
カレッジチャートバンドの代表格として、
田舎の高校生のお供に、
上京したての大学生や社会人の心の支えに、
長年活躍してきたこのバンドからの解散発表。
活動暦30年を超え不仲の話などもなく、
今更解散などするまいと決め込んでいたところへの
この寝耳に水のニュース、
バンドというものがいかに永遠でないのか、
その諸行無常さに打ちのめされる現在でございます。

そんな悲しみと共に今日はR.E.Mを代表曲で振り返ってみる。

最も売れたシングル。

個人的な好きな曲や言わずもがなの名曲たち。







改めて彼らだけの美しさで曲を描くバンドであったことを再確認します。
この世界観は他のどのオルタナバンドや
アメリカンロックバンドにも出せなかった。
そんな彼らだからこそこんなにも愛されてきた。
本当に今までありがとう、R.E.M。
バンドの持ち得る誠実さやブレのなさで
シーンに君臨し続けてくれてありがとう。
この感謝と共に、
マイケル・スタイプの次の動向を心して待ちたいと思い、
本日のブログをしめさせていただきます。
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 13:00| Comment(0) | Pocket News!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。