2011年10月06日

[今週のオススメ]今月の必訪来日

sebadohの来福とあともうひとつあったのをご存知でしょうか。
2ヶ月前のあの日、このライヴを東京まで観に行くために、
激安のスカイマークを取ろうとして無残に散ったmochiです、こんにちは。
それが何を隠そうこれでした、Dean Wareham plays Galaxie 500。
http://smash-jpn.com/band/2011/10_galaxie500/index.php
20年前、待望の来日を目前にして解散をしてしまった、
USインディの宝玉のひとつ、Galaxie500。
夕焼けの空の中、人々の喋り声やどこかの夕食の匂いの中、
独り彷徨う、行き場のない自分。
何かをもてあまして、誰とも分かち合えない、
そんな時かたわらで鳴ってるようなGalaxie500の音楽、
今まで彼らのようなバンドには他に出会えなかった程の、
そんな唯一無二の伝説バンド。
美しいという言葉が誰よりふさわしいバンド。

そんなGalaxie500の今回まさかの来日でした!
G500解散後にディーンがLunaに、
デーモンとナオミはDamon & Naomiに分かれたこともあり、
今回のは再結成ではもちろんなく、
それこそタイトルのままディーンが演るG500ではあるんだけど、
でもディーンの声とギターでG500の曲が演奏されるだけで
おなかいっぱい、胸いっぱいなわけで、
ああ行きたかった、行きたかったよおお。
わたしの!おかねが!なつふぇすで!なくなった!ばかり!に!!
あーーーーーー!

そう歯噛みしながら、頭たたきながら、
単独と朝霧JAMのセットリストを元に、
プレイされた曲を振り返りたいと思います。
ちなみに朝霧はロケーションが
ディーンにもビューティフルだったって。
よかったねえ、いいなあ;;

まず一発目は1stの1曲目の!!


そしてこの曲!


1st曲を数曲続けてプレイした後は、
2ndから!


名曲が続く!


この流れからの!

この瞬間泣いてたとおもうね、、、

そして。


本編最後!

ラストがこれだなんてにくいよディーン!

ってこうやって、一喜一喜しながらライヴを観て、
その中でもあの曲はやらないのか、この曲はきけないでおわるのか、
なんて思いながらアンコールに突入したことだろう。

そしてはじまったのは!

おそらく史上最高のCeremonyカバー!
あーんディーンわかってるー。
きっとその瞬間大人しいG500のファンたちが
一様にきゃああってなったんだろうなあって。
あーやっぱりその場にいたかった。
どうか、ディーン様、またぜひ、きてください。
来年のフジにでも、ぜひ、ぜひ、ぜひ!

※原曲を自分たち色に染め上げることにかけちゃ
 右にでるものなしのギャラクシーのカバーですが
 これもすばらしいよねっていうおまけ。
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 08:50| Comment(0) | 今週のオススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。