2011年04月01日

[Pocket News] 昨日のポケロクvol.7でもとりあげました

さてさて。
ポケロク第7回目も無事に終えることができました。
これも来てくれる方、ポケロクにすこしでも興味を持ってくれる方のおかげ。
本当にありがとうございます。
いや、ありがとうなんて言葉では言い尽くせない感謝がありますが、
でも込められるだけの心を込め「ありがとうございます」です。
そしてもし。このブログを見てポケロクに少しでも興味を覚えてくれる方が
いらっしゃいましたら、ぜひ一度遊びにきてくださいね。
腰の低いことでお馴染み主催陣がシャイな照れ笑いでお迎えいたします。

では今週のニュース。
今回は、昨日のポケロクでも大々的にとりあげた
震災支援チャリティを開催するアーティストへズームイン!
中でも4月3日のロンドンへとズームアッープ!

この日、ロンドンのブリクストン・アカデミーにて、
「ジャパン・ディザスター・ベネフィット」なるイギリス赤十字主催イベントが行われました。
なんと開催を呼びかけたのは眉毛兄弟の眉毛がより繋がってる方、
すぐ拗ねちゃう方、そうギャラガーさん家のリアムくんと彼率いるBeady Eye!

なんでも「古くからの友人である日本のために何かしたかった」とのことらしく、
3月22日にはイベントの開催を発表し、12日後の4月3日にはそれを実現させてしまいました。
音楽大国・イギリスの誇る国民的バンドでありロックスターある彼の呼びかけということで、
集まったメンツはご覧の通り!
ポール・ウェラー、プライマル・スクリーム、リチャード・アシュクロフト(ザ・ヴァーヴ)、
グレアム・コクソン(ブラー)、ケリー・ジョーンズ(ステレオフォニックス)、ザ・コーラル。
オアシスやリアムに負けない英国のスターたちが勢ぞろいです!

ビーディ・アイのメンバーはテレビで地震のニュースを観た後、
すぐにウェラー兄貴に連絡をとり、兄貴がまた友人たちに連絡をとり、
気づいたらこんなに沢山の人たちが集まってくれたそうで。
出演者はもちろんノーギャラ、それどころか会場代や人件費も全て無償提供だったと。
更に即日ソールドアウトとなった5,000枚のチケットの収益、約2,200万は
イギリスの赤十字社から日本の赤十字社へと確実に渡らせると。

この行動力。そして思いやり。
未だにお兄ちゃんの悪口だけは言い続けてしまうリアムだけど、
彼本来が持ってる人間味やあったかさ、
それを今回はつくづく感じました。つくづくありがたく思いました。

そしてライヴ当日、スクリーンには日の丸を掲げながら各人の熱い演奏がくりひろげられ、
ラストに選ばれた曲はビートルズの「アクロス・ザ・ユニバース」でありました。
「ナッシング・ゴナ・チェンジ・マイ・ワールド」という名フレーズのあの名曲。
それはきっと
「何者も(地震も原発も風評被害も経済打撃も)
君たちの尊厳を奪うことはできない。
だからどうか今を必死で生きていってくれ」
リアムからのそんなメッセージだったのではないかと思います。


*
ポケロクでは4月に行うVol.8でも震災支援チャリティ開催アーティストを特集します。
彼らの善意が被災地に届くこと救いになること遠い九州から同じように祈ります。
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 23:42| Comment(0) | Pocket News!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。