2011年10月11日

[今週の新作]金欠の秋を満喫できるリリースラッシュ!

こんにちわ! K です。
もうすっかり秋に片足突っ込んだここ最近のお天気、
毎日の天気情報で最高気温見て気絶しそうになることもなくなってきた今日この頃、
みなさまいかがロックお過ごしですか?
あら、ミドルネーム的にロックが入り混じってロックしまってますが、
今週の新作もロック張り切ってロック紹介していきロック!

■Noel Gallagher's High Flying Birds
なんと言ってもまずはこの1枚でしょう、ノエル兄さんのソロ作、遂に出た!
名盤と称されるアルバムは数あれど、個人でも集団でも誰でもなく歴史が決めてしまう絶対的な名盤というものは確実にあり、それらにOASISが作り出したアルバムがあるのだが、
そんな歴史を変えてしまう魔力のような、魔法のような音楽の格であるメロディーを紡ぐことができる魔法使いノエル。
そんな彼が最高濃度の魔術を駆使して練り上げた新作はかのアランマッギーも「ジーザス!」と思わず神に感謝の一言二言を叫んだ言わずもがなの傑作。




ここまでくると、もはやこの作品を良し悪しで判断するものではないとさえ思います。
聞くか聞かないか。
感じるか感じないか。

明らかに選ばれたとしか思えないその才能をリアルタイムで体感できること、
これ本当に素晴らしいことだと思います。
これから先、一体どれだけの天才が何に阻まれることなく音楽を奏でていけるのかも確かじゃない時代ですから、今ここにある最高の音楽をしっかりと愛でましょう。愛しましょう。
今週は国内盤先行発売で、初回生産限定盤(DVD付)も出とります。
来週以降は輸入盤もバンバン出るのでお見逃しなくー!!


■Ben Folds - Best Imitation Of Myself: A Retrospective
彼を知りピアノを習いだしたという人もたくさんいるんではないでしょうか、ベンフォールズ。
でもどれだけピアノを弾くのが上手でも、ピアノに好かれなきゃ人に愛させるメロディーは作れない。



というわけでこちらもピアノの神様に選ばれた第一人者。
そんな彼がなんと3枚組大容量ベスト盤を出したですー!
1枚目にはBen Folds Five〜現ソロ作まで網羅、選曲されたトラック群、2枚目には秘蔵ライブ音源、3枚目にはレア音源ということでスティーリーダンやPostalServiceのカバーなんかをガンガン吹き込んでます。

しかも、今年でもう15周年を迎えるんですね。感慨深い。

▼個人的にも本当に大好きなこの曲。うう、聞いてるだけでドキドキ。


■M83 - Hurry Up, We're Dreaming
アンソニー・ゴンザレス来たり!2枚組(!!)の新作が来たれり!!


ピッチフォークが早くもザワめき立つその芸術作品と化した音による美の造詣術!
そして1枚では収まりきらなかったその創造力はついに2枚組という大作に。
イントロが鳴り響いた瞬間、人々は天空を見上げることでしょう。
急いで!現実はただの夢かもしれない!



↓以下のリンクで全曲試聴もできます!
http://ilovem83.com/huwd-album-premiere/


■PINK PLAYGROUND - DESTINATION ECSTASY
うおー!そしてこちら、M83に負けないわよ!とテキサスから大手を振って、でも目線はつま先で、のPINK PLAYGROUNDも負けじと夢見がち初アルバムをドロップ。
レーベルは絶対信頼印のMexicanSummer。
誰しもが心の奥底に潜ませる柔らかなトゲを刺激するキラートラック"Sunny Skies"も収録です!
が、Sunny Skiesがヨウツベになかったので↓でよかったら試聴を!
http://www.jetsetrecords.net/PINK-PLAYGROUND-SUNNY-SKIES/p/215004080452

▼アルバム収録"Dark Bloom"




さて、今月はついに出るColdplay新作やらAtlasSound新作、Veronica Falls デビュー作、真ニックスの全シングル網羅盤+PV集などなど皆様のお財布を直撃・金欠の秋が待ってますよー!
スミスのリマスター音源集が手元に届くのが楽しみな K でした。ホホホ。
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 20:08| Comment(0) | 今週の新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

[今週の新作]怒涛のリリースラッシュ開幕

遂に10月が始まってしまいました。
ホークスがリーグ優勝を果たし、
野球シーズンは閉幕が近づいていますが、
音楽業界はここからが本番。
年末まで2ヶ月を切った、ということは、
今年もうすぐ終わるけどベストアルバム選べるのか!
真っ先にそこが浮かぶ、色々とアホなmochiです、こんちは。
12月のポケロクでは今年の総決算をやりたいと思ってます。

で。各バンドやレーベル共にわしゃわしゃと
盤をリリースするのが10月、11月、12月のこの時期。
年末にかけての息つかせぬ新譜のオンパレードと参りまして、
夏フェスのカード支払いにあえぐ身としては、
何を買うかに仕事の6倍頭を悩ますわけです。
どこかに叩いたらお札が二つになる
かの童謡のような魔法ポケットはないのだろうか。
そんな妄想という名のただの現実逃避をしながら
今週の見逃せない新譜をとりあげてみましょー。
(ちなみにポケロクブログは、いつも動画が多い=ページが重い
 という苦情により、今回から動画が小さめにかわります)

まずは遂に出ましたジザメリの豪華版再発とスミスのコンプリート集。
この前ポケロクの80-90年代アンセム枠でもかけたジザメリ。

この頃のウィリアムはまだ憂鬱なる美青年で、
20年経ってヨラテンゴのアイラそっくりになる兆しはございません。
今回のジザメリの全アルバムが2CD+1DVDになった再発は
9/27にサイコキャンディとダークランズが、
10/4にハニーズデッドとオートマティックが、
10/11にStoned & Dethronedとマンキが出ます。
もちろんDisc2にはお宝音源、DVDにはお宝映像がどっさり。
これはYoutubeにあがってるお宝映像。

1987年当時、ジムにインタビューしてるのはなんとピーター・バラカン!

んで、スミスによるコンプリートBOXは10/1に発売になりました。
内容はたぶん皆さん既にご存知でしょうが、
特筆すべきはジョニー・マーにより2011年リマスターなことっすよね。
こっちはアルバムだけバージョン、シングル入りバージョンなど
数種類ありますので、お財布と相談しながらの購入です。
そんなスミスのレア音源。

ジミヘンのパープルヘイズカバー!(スタジオデモ)
これ聴くと改めてジョニー・マーってすごいギタリストだなって思うですね。

さて、ここまでは全人類必携のリリース情報。
続いては本題の今週新譜でございます。

まずは秋といえば叙情の季節!叙情といえば叙情ロックか叙情エモ!
というわけで3rdが発売になるこのバンドから。
Jack's Mannequin - People and Things

人気エモバンド、Something Corporaitのリードシンガーであり、
ソロ1st作の傑作ぶりでシーンの兆児となった彼が白血病と診断されたのが6年前。
その後復活を遂げ2ndが発売され、3年経て遂に今回の3rdが発売となりました。
よかったね、よかったね、アンドリュー。

音にアメリカンロックの広がりが反映されてる今作ですが、
彼の根幹を成す泣きのメロディも心揺さぶるボーカルも、
病気以降は生の喜びに輝きますます力強さを増して。
背筋を伸ばし身を包むようなこの音、温かく自分を励ましてくれるのです。

そしてマネキンといえばサマソニ出演が中止になったこともあったなあ。
というわけで今度はその逆、サマソニ常連さんのこのバンドの新作。
Mutemath - Odd Soul

今回ジャケットがLocal NativesとViolensを足して2で割った?な感じで
欧米は遅れてきたカオナシブームかと勘違いしてしまいそうですが、
まあジャケのインパクトはあるから覚えやすいともいえますね。
んでミュートマスといえば、ライヴの時、ドラムが黒テープで頭にヘッドフォンを
ぐるぐる固定しちゃうことでもお馴染みですがそんな彼にズームアップした映像発見。

かっこいいって感心する前にちょっと可笑しさがこみあげてくるの。
ちなみにこの曲、各パートごとに分かれて映像があがってたり。

で、肝心のサウンドですが(話が横道にそれすぎ)
だいぶハードロックテイストが強まったというか泥臭くなった感がありますね。
それもライヴの安定感とパワー感が逆に音源へと反映されたのかなと思ったり。

熱狂的な幼児ファンの動画もみつけてしまった!(目尻タレ下がり警報発令)

続いてはあの伝説バンドの初ベストを!
Throwing Muses - Anthology

Pixiesのキム・ディールと後にブリーダーズを結成することになる
タニヤ姐さんが在籍してた4ADのオルタナロックバンドが
結成30周年を記念して初のアンソロジー発売となりました!
中身はベスト盤+B面レア音源集+DVDという豪華版で入門編としても◎。

同じオルタナロックの源流として、なぜかピクシーズなどに比べると
評価が地味な彼ら、この機会にぜひ再評価の兆しがこないかな。


PixiesやVaselinesなどのオルタナ始祖ロックファンから
Bikini KillなどのKill Rock Stars系ファンが抑えるべきバンドのひとつですヨ。

続いては重要レーベルからちょこちょこと。
以前このブログでも紹介したCasher No.9も大人気、
Fleet FoxesやWavvesを擁するといえばもお分かり、
US Indie最重要レーベルのひとつ、Bella Unionからの新作!
(ちなみにUKリリースはこれまた名門のSlumberland)
Veronica Falls - Veronica Falls


The Drumsの大ヒット以降、古き良き新しさとでも言うべき時代がやってきており、
どこか懐かしくでも全体的に新鮮というサウンドが増えました。
このバンドもその時流に乗っかるひとつに数えられるのではないでしょか。
リフなど昔のオルタナロックで耳にしたことある懐かしさなんだけど、
肝はやはりドラムの音色の重たさとエフェクターの使い方で、
この辺が今っぽさ(旬っぽさ)を醸し出してる気がいたします。
ちなみにファッションもDrums風(50'-60'ぽい)に近く
そこもナウでヤングなティーネイジャーにオシャレ☆と人気とか。
赤いカーディガンがシャレオツらしいです。

実際PVもいちいち可愛かですもん。

しかしなぜこういう男女混合バンドは女子はすこぶる可愛く
男子はあまり男前でないのかしらね。ある意味男性側の理想ですかね。
その中でFanfarloのサイモンの可愛さは奇跡ですよね?(また話がずれてる)
(*などなど書いてきてあとネット見てたら何とこのバンド
  Royal Weの元メンバーが作ったそうでUSインディ度は筋金入りだった!)

続いてはNot Not Fun Recordsからのこちら。
Maria Minerva - Cabaret Cixous

PVの雰囲気で一目瞭然ですが、チルウェーヴ好きよほれほれサウンドのこれ、
もう季節は秋なんですけど、ジャケットやコートを引っ張りだす時期なんですけど、
一音で真夏の真っ昼間に飛ばされそうなトロトロでダウダウな曲ですよ。
ダビーなビートとアンニュイな女性ボーカルで脳を片っ端からとろけさせる感じの中、

ポケロクでかけても気持ち良さそうな曲があったりね。
というわけで白昼夢を求めるあなたへのオススメでした。

で、最後にご紹介するのがこちら。Woodsを擁する
NYはブルックリンのレーベルSacred Bonesからのリリース。
Zola Jesus - Conatus


来週発売となるシューゲファン待望のM83の新作にも
ゲストボーカルとして参加している女性シンガー。
ゴシックポップなんていわれもしてますが、
匂いとしてはブリストル系からコクトーツインズなどの
退廃美に近いものだったり。そして暗黒的。
んでアルバム通して気持ちがいい。
ちなみに↓のGuardian誌のサウンドクラウドで全曲視聴もできます。
http://www.guardian.co.uk/music/musicblog/2011/sep/22/zola-jesus-conatus-album-stream?CMP=twt_gu


今週のわたしのイチオシはこれです。

あ、今週はBjorkもでてた!
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 07:28| Comment(0) | 今週の新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

[今週の新作]台風をも飲み込む音楽旋風!!平均年齢若めな今週の新作群!!

こんばんわ~ K(暑い)です!

涼しくなったと思って秋物の布団を引っ張り出した矢先にこの残暑ざんしょ?(・・・。)
もうたまらないです、お天気はお金持ちのお嬢さんと同じくらいたまらないです。

さて、先週土曜日は福岡・大橋で開催されているロックパーティー"IVY IVY IVY!"さんへ
mochi&K がゲスト出演させていただきましたー!
いやぁぁぁもう、本当、楽しかったです。
目をつぶればホラ、聞こえてくるよお昼休み終了のチャイムの音・・。
悲しい!月曜以降のバカバカ!
しかしほんと、とっても温かくて素敵なDJ陣のみなさまには感謝感謝でございます。
まだ IVY! さんのイベント未体験だぜ?というそこのアナタ、もつたいないよ!!
ぜひ大橋のFactotumさんへGOGOGO!そして共にDANCE DANCE DANCE!

▼ちなみにIVYさんのHPめちゃかっこいい
http://ivyivyivy.web.fc2.com/


さてさて、今日は何曜日だー!!??火曜日かー!!??火曜日と言えばなんだー!!??
そうだー!!新譜が発売される日だー!!
今週もお財布の限界と格闘しながら新作をCHECK&GETしていきましょう。
では、今週発売の新作をいくつかご紹介しますですです。

■Clap Your Hands Say Yeah - Hysterical
ついに出ちゃいました!!あの、あの幸せなら手を叩いてイエーッ!って叫ぶクラップの3枚目!!
先行シングル"SOME MISTAKE / MANIAC"ですでに最高のアルバムは約束されたも同然だった彼ら。
上の2曲ももちろんバッチリ収録の全12曲+日本盤はボーナストラック2曲!

▼ボーナストラックはボーナスどころじゃないクオリティ!なので国内盤を強くオススメします!


▼リードシングル!きゃぁああ☆☆☆たまらんです。早よ新作のライブが見たい!


解散なんて言葉もチラついたここ数年でしたが、こうして3枚目の作品を届けてくれたCYHSY!
実にセカンド以来4年ぶりとなる感激の新作、聴く前からすでにドキドキワクワクで倒れそうですが
気をしっかり持って(主に自分が)この1枚を楽しみましょう♪


■DRUMS - Portamento
サーフィンしようぜ!なデビューアルバムからまだたったの1年しか経ってない!
早いです、もうセカンド到着。
小姑目線としては、間髪入れずにセカンドが出るたびに「大丈夫か?巻き巻きで作らされてるんじゃ?」的な思いに駆られてしまいますが、さぁ果たしてDRUMSはどうか!?


おっと肩透かしを食らうくらい素敵じゃないのさ。なにさ。小姑体勢だった自分に赤面!
私的にはサーフィンよりも好きかも。。。小姑反省!

ちなみにリードシングル"Money"のB面になってる"Blue Stripes"が国内盤のボーナストラックになっている!
この曲もまた軽快なドラムとパーカッション、繊細な虹色ギターの音色が絡むエエ曲やった。

そしてこのアルバム、ラジオDJ Needle Drop も激押ししているのでその模様をどうぞ!


MOGWAIのTシャツがっつり着込んで意気揚々と DRUMS のココがいいぜ!って語る彼に悪気は一切なし。
まぁアリーナのスタンド席くらいの距離から彼を見ればモグウワイの一員に似て非なりな風貌だから許しちゃおう。

そんなわけで、やはりスルー厳禁な仕上がりを見せ付けたDRUMSは、晩夏を彩る至福のサーフミュージックの魔術師なのでした。


■Mates of State - Mountaintops
サンフランシスコの夫婦デュオ・Mates of Stateの6枚目となる新作!
夫婦デュオの良いところはなんと言っても絶妙なコーラスワークと押しすぎず引きすぎずのポップ感、
そして絶対的に美しいメロディー!
ということでその3拍子が見事な黄金率で詰まってる彼らの世界観は今作でもキラキラと輝いています。
眩しすぎるくらい!ヒューヒュー!

聴いてるだけで思わず笑顔、手を叩きたくなっちゃうこんな曲や


つい涙腺を刺激されちゃうこんな曲まで


歌心と音を楽しむ気持ちがいっぱい詰まったサンフランシスコからの贈り物、
あなたもこの音を手に取って誰かと聴いて幸せになっちゃったりしませんか?


■MALE BONDING - ENDLESS NOW
SUB POP がヤング界より世界へ送り込む最大の刺客がセカンドを発売!
MazesやClound Nothingなんかに心を射抜かれたみなさんには必ずや気に入っていただけるであろう1枚。
輝くことしか知らない青春期真っ只中の彼らが、人生直球勝負な想いを眩しく切ないメロデーに託してこれでもかと真空パックにしたかのような今作。
過ぎ去った思春期を懐かしむ世代をも飲み込みかつての青き感情をかき乱す!!




このやや軽いけど気持ちで叩くドラム、弾くことに一生懸命なベース、我武者羅ギター、まだまだ熟れていない歌声、
そして、なんてことないメロディーライン。
これが、これがイイんです!!
だってこのグルーヴはこの時期にしか作れない特権だと思うから。
そしてここに強い音楽愛があることが聴き手に伝わるからこそグッとくるものがある。
それがなければただの自己満だけど、こういう「伝えたい!」って気持ちがあるロックってやっぱ好きですたい。
だってロックってそもそもそういうものですもんね!
張り切って応援しちゃうよ!!もっと来いもっと来い!!

▼やばい!このメロデー!泣いちゃう!!



■Sam Cooke - Man Who Invented Soul
サム・クック。
稀代のソウルシンガー。

サム・クックのRCA時代の音源を4枚組にしたスペシャルパッケージが再発されました!!

歌うことと生きることが等価であることを切に訴えかけてくる彼の圧巻のライブ音源「Live At The Harlem Square Club」も収録されているというとんでもない音源集です。
当時、「美しく軽やかに歌う黒人シンガー」として判を押され売り出されてたサムが、
当時では到底考えられないシャウト連発、MCで絶叫、観客へ大声で笑いかける・・・など、当時としては異例だった"人間らしい"ライブを敢行した様子が、聴く者の手に汗を握らせ人生を抉られるほどの衝撃をもたらします。



入り乱れる観客の歓声が当時の様子をひしひしと物語っていてとっても生々しいです。

「Live At The Harlem Square Club」ライブ音源自体は単体で既に何年も前に発売されてますが、このライブ音源含めた今回再発された4枚組で聴くことを俄然オススメします。
歌うことに命を賭けた当時の歴史を肌で感じれるし、収録音源もきれいに網羅されててとても素晴らしいです。
いろんなサム・クックのベスト盤も出てますが、これだけ偉大なシンガーになると1枚では収まろうはずもないので掻い摘まれたものじゃなく4枚という妥当な枚数で聞かれる方が断然よいかと思います。
このベストは本当にオススメです、この機会にぜひ!






さてさてさて、先週9/6に国内盤先行で発売されたKooks、Girlsの輸入盤は今週に発売!
KULA SHAKERの「K」発売15周年(もうそんなに経つんだね・・。そりゃ年取るわな)記念盤や
MOGWAIのEP"EARTH DIVISION"も緊急発売しとります!

もう買い過ぎないぞと言いつつもショッピングカートが溢れ返っている K でした。
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 23:58| Comment(0) | 今週の新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。