2011年08月23日

[今週の新作]激しさと優しさと心強さと・・・。

竜巻にゲリラ豪雨にと天候が大変崩れまくってますが
みなさん傘を差してのチャリは違法で捕まります&危ないので気をつけてくださいね。
マナーアップ・フクオカ!
んでもって先程から何やら芸能界が黒い交際発覚のアノ人でてんやわんやしてるようですが、
みなさん悪の連鎖はあきまへんで。

そしてそして、明後日木曜日はPocketrock vol.12 開催します!
サマソニ、SUNSET、メタモで過ごす夏フェス総特集!&マデリカ20周年のプライマルをひたすら流すプライマルONLY40分タイムもございます!
みなさまのお越しをフジ土産クッキー(先着)抱えてお待ちしています!
●日時:2011/8/25(木) 19:00start
●時間:19:00〜25:00
●場所:CLUB LAB-Z ★親富孝通りファミマ横の岡部ビル6Fです
 http://www.lab-z.net/
●料金:1000yen (with 1ドリンク+コンピCD)
●DJ:hajime , mochi , K
  Regular Guest :Jr. , marcum ,

---
さて、本日火曜日は今週発売の新作をビシビシバシバシと紹介します手(パー)

■SONIC YOUTH - Hits Are For Squares
SONIC YOUTHの新譜、ではないけどマジで貴重な再発!!
以前、限られたネットワークでしか流通していなかった本盤、
一体なんなのかと言いますと、SONIC YOUTHの数ある名曲の中から
選りすぐられたトラックを収録した名曲集合コンピなんですが、
何を隠そうその選りすぐった面々というのが凄い!
レディヘ、BECK、リップス、PEARL JAMエディ、などなど
SONIC YOUTHを愛するみんなが愛する1曲を選んでコンパイルされているというから
なんとも素敵じゃないですか!
ちょっと曲目とコンパイラーを↓に挙げてみます!

1. Bull in the Heather (Selected by Catherine Keener)
2. 100% (Selected by Mike D)
3. Sugar Kane (Selected by Beck)
4. Kool Thing (Selected by Radiohead)
5. Disappearer (Selected by Portia De Rossi)
6. Superstar (Selected by Diablo Cody)
7. Stones (Selected by Allison Anders)
8. Tuff Gnarl (Selected by Dave Eggers and Mike Watt)
9. Teenage Riot (Selected by Eddie Vedder)
10. Shadow of a Doubt (Selected by Michelle Williams)
11. Rain on Tin (Selected by Flea)
12. Tom Violence (Selected by Gus Van Zant)
13. Mary-Christ (Selected by David Cross)
14. World Looks Red (Selected by Chloe Sevigny)
15. Expressway to Yr Skull (Selected by Flaming Lips)
16. Slow Revolution

あなたの好きな曲は誰かのセレクトと被っていますかな?
ちなみにわたくしCross The Breeze、Kool Thingがいいなとか思ってたら
レディヘがKool Thingだった!ちょっと嬉しかった!いや、だいぶ嬉しかった!

そんなわけで改めましてド名曲を聴き、拳を振上げてみよう!





■HARD-FI - Killer Sounds
ジャケットデザインなんかいらねぇよ!!と裸一貫にダンスビートの褌だけ巻きつけてロックという土俵に
突如現れた新弟子HARD-Fiもデビュー戦から早いもんで6年です。
髷も堂に入った重量級に変貌した彼らがハッケヨイagain!4年ぶり新作どすこい!!

▼まずはアルバムを全曲試聴してみてください!


ブレてないっす。全くブレてない。3枚目でも一貫して崩れずにこのクオリティ?スゴイよHARD-Fi!!
それに全曲聴いてみたところで一体どの曲がシングルなのかわからない、
つまり全てが4番打者となりうる素晴らしい出来であることに本気で驚く。
次々と放たれる場外ホームランの嵐に観客はもはやビールを煽って踊ることで応戦するしかないではないか!!

▼そんなわけでシングルはGood For Nothingでした


フジで見たカイザーと言い、あのUKフィーバーの波に溺れずに飲み込まれずに
キッチリと実力をつけてるバンド達は本当に強い。
ぜひともライブで見たい!!!待ってるよ!!!


■Nick Lowe - Old Magic
今月10日〜12日に、バンドでの来日公演を行ったあのニック・ロウ御大から
4年ぶりとなる新作という贈り物が届きました〜!!!!涙

軽やかに穏やかに朗々と紡がれるあの愛すべきメロディは、
ニック・ロウの歌声と言う最上の友と共に相も変わらず仲睦まじくスキップスキップ♪
ジャケットも最高にキッチュで最高!

今年10年ぶりにフジに出演したロンセクスミスはじめゲスト参加も豪華ながら
コステロらのカバーも収録されているというからコレはもう震える指先でCD掴んで
コンポに入れて聴くしかありゃしませんよダンナ!!!

▼ちょっと前に公開されたニックロウのショートライブ。ニック・ロウも61才になりました。
[曲目]
1. MAN THAT IVE BECOME.
2. ROME WASNT BUILT IN A DAY.
3. ALL MEN ARE LIARS.
4. HOUSE FOR SALE ★今回の新作に収録の新曲!


年を重ねながら積み上げてきたこの歌心に触れた時の表しようのない湧き上がるような喜び、
これはもう何にも変えられないなんとも素敵な感情だと思います。
この感覚を一生忘れたくないですね^^

▼若かりし頃のニック青年、改めてみてもやっぱ、かっこいいなぁ。



■The Vines - Future Primitive
ヴァインズというバンドはやはり特別なバンドで、
クレイグ・ニコルズという人物はやはり格別で生粋のバンドマンだと思う。
死に物狂いでギター弾きながら鬼のような形相で「愛をちょうだい」と叫ぶ2011年のVines。

今年お目見えしたVinesの新作"Future Primitive"の国内盤がやっとこさ発売されました!!!
待ってたよー!!日本盤にはボーナストラック2曲だー!!

▼リードトラック"Gimme Love"を教会(何故?)で披露する4人。


なんかようわかりませんが、ロシアで最も有名なウォッカの会社が教会ライブを企画し
Vinesが新作お披露目兼ねてライブを行ったみたいです(たぶん。情報があんま無い・・・。)
youtubeで「t Russian Standard Vodka Live At The Chapel」で検索すると
関連動画がドコドコ出てきますのでお時間許す限り見てみてくださぁい!!

▼しかし、よかった、クレイグが歌う姿を見れるのが何よりだ!!


▼オマケのGet Free。教会でもカミンカミン!!


また日本にも来て罵詈雑言だらけのギタギタなライブをしておくれー!!


■NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS - THE DEATH OF YOU AND ME
天才、と言ってしまえばそれまで。天才という取ってつけた呼称さえもバカバカしいくらい、
ただひたすらにグッドメロディだけが溢れまくるノエル兄さんの10月発売予定のアルバムからの
先行シングルです!!
この歌に胸をトキメかせ心を磨いてアルバムの到着を待っていましょう!!
特にB面"The Good Rebel"の素晴らしさには震えが止まりません・・・。
お兄ちゃん!!!!!おかえり!!!!!!!!おかえりー!!!!!!!!


■Clap Your Hands Say Yeah - Hysterical
最後に、9月中旬に待望の新作"Hysterical"を控えたクラップの先行シングルを
聴いてお別れしましょう!
さぁ!みなさんお手を拝借!このリズムで手を叩こう!このメロディで幸せを噛みしめよう!!



■オマケ「今週のフジ」
フジ'11が始まってもうすぐで1ヶ月ですね。え?7/31までじゃなかったのって?
ばかやろう!!脳内ではまだまだ妄想フェスが続いているんだよ!!
はい、あと11ヵ月後に迫った(・・・。)FUJI'12へ備えて2011年の思い出の総決算、
不定期にフジ'11を振り返るミニコーナー「今週のフジ」
第2回目はこの方です!



カイザー!
リッキーが登場した途端にその激やせっぷりに俄かにザワつく客席。
結構雨がひどかったんだけど、全力過ぎるパフォーマンスに柵にぶつかりながらダンシンダンシン!
この人達はもうライブの土俵に上がれば怖いものなしですね!
ライブバンド賞という勲章があるならぜひとも彼らに捧げたい!ちょっとまじで楽しすぎた!
こんなパフォーマンス力、なんかもうズルイ!
CDはもちろん、ライブの良さが100万倍くらいだよもう!!

▼お客さん撮影のI Predict A Riotもみてね
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 23:14| Comment(0) | 今週の新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

[今週の新作]熱さでは高校球児にも負けないぞ

高校野球始まると「これが夏だ!」って気がする近頃、
そこに素麺と昼寝がつくと最高なんだけどなと思う日々。
世間にはお盆休みというものがあることを
すっかり忘れきっていたmochiです、コンニチハ。

販売・接客業にゃぁ長期休みなどないですからなあ。
このブログを見てる方の中にもいらっしゃるでしょう。
そんな労働Calling(怒髪天)な我々の味方、
熱き新譜たちを今週もどこどこ紹介いたします!

(あ、その前にひとつ。今回のイギリス各地での暴動によって
 ロンドンにあったインディーレーベルの在庫を多く抱える
 Sony/PIAS Warehouseも放火により燃やされてしまいました。
 ベガーズグループ(4AD/Rough Trade/Matador/XL)だけで
 75万枚のCDとLPが焼失してしまったとのこと。
 ワープでは10万枚。と、各レーベルの責任者が発表済。
 被害を受けた150にも及ぶレーベルはこちら。
 http://bit.ly/nSVzD0
 Dominoも入っているためアークティック・モンキーズの新EPは
 燃やされこれによりダウンロードのみでの販売に切り替わってます。
 4ADは「Support your favourite labels
 and (legally!) download their music.」とツイートしてます。)

というわけでサポートしましょう。
新譜を通して音楽愛を広げましょう、ほい!

Vibravoid - Minddrugs

現代のクラウトロック・サイケロックの頂点を担うといわれるこのバンド、
えー、出身ジャーマンということで情報がドイツ語ばかりです。読めまへん。
でもまあ情報は二の次でいいでしょう。音が全てだ!
一聴で丸分かる、このファズりまくりのギターは超かっこいい!
Spiritualizedの轟音ギターを全開にしたアシッドさがここにもある!
更に黒くうねるグルーヴィーさもある!わーこいつらシビれます!

ジャケがヒマワリだか太陽だか分からない程ギラギラしてたり、
曲が長すぎてYoutubeにあげるのにパートわけしないといけなかったり、


クラウトロックという大まかな括りの中でも
ジャーマンプログレにだって愛びしばしの彼ら。
これは応援せずにはいられまへん!

応援せずにはいられないといえばこのバンドの新譜も今週発売!
Soft Hearted Scientists - Wandermoon

インディポップ好きをプロフィールでも標榜してるわたくしの
インディポップ名アンセム集の中にランクインしてるのが彼らのこの曲。

なんてこたないです。
ずばぬけたメロディの良さがあるというわけでも
目を見張るようなサウンドプロダクションのセンスがあるわけでも
シーンに躍り出るエネルギーに満ち溢れてるわけでもありません。
や、でも、別にそんなの必要なくない?
公園をそぞろ歩きながら鼻歌ふかして
疲れたらベンチに座って休憩してうとうと。
そんな傍らに寄り添う音楽こそ一番大事じゃない?
そんなことを思わせてくれる彼らのサウンドです。大好きです。

再生回数二桁だろうがかまうもんか!
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 10:46| Comment(0) | 今週の新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

[今週の新作]夏風邪をぶっ飛ばせ!!快作そろいの8月第1週!!

こんばんわ! FUJIから帰還しまして早1日・・・。
思い出に絶賛引きこもり中の K です。
あまりに楽しすぎて思い出すだに胸熱いです、早くも苗場が恋しい・・・。
カバンに染み付いた泥を発見するたびにハニカミを禁じえないという不可解な習性が
周囲の人間とわたくしとの距離を広げ・・・・・・モウイイヤ。

さて!先週から更新できてなかったブログも再開しますです!
本日火曜日は今週発売の新譜をザザザッと紹介しますですです!

■Red Hot Chili Peppers - The Adventures of Raindance Maggie
待望過ぎる新作を控えたレッチリの先行シングルが緊急発売!!
そして今年は日本の盆休みを直撃するサマソニでも来日決定済みにつき
今夏のマストアイテムとなること必須!!
タオルとポカリとこの曲で夏を乗り切れ!!ロックのビッグウェーブに酔いしれようぜ!!




■Viva Brother - Famous First Words
こちらも今年のサマソニで会えるViva Brother!
巷ではブリットポップの再来!と、やんや言われてますがその片鱗はミスター眉毛氏との舌戦にて
早くも盛り上がっている模様。
そんな枝葉はよしとして肝心の曲を聞いてみようよアア君よ!!



おや?BL■R?(コラ!!)

しかしブリットポップという単語に暗黙裡に潜むあの4人組やあの4人組の存在はもう隠しようがないため
とにかく新しいバンドを評する時はこれらの言葉は封印した方がいいような気がするですよ〜
ブリットポップ!と言われたら似ているところを嫌が応にも探してしまう。だって人間だもの。

が、ここで終わらないのが平成っ子の強いところ!!
90年代へ持っていかれそうな中年の頭をハンマーで殴り飛ばす楽曲で、
俺らは俺らだよと主張してくる!!




バンドを組んで、その音を叩きつける。
その愛おしい瞬間のキラメキをひしひしと感じる彼らのデビュー作!
その勇姿をこちらも全力で受け取るぜ!!

■Edgar 'jones'Jones - Stormy Weather
格好いい。
"かっこいい"でもなく"カッコイイ"でもなく、とにかく"格好いい"。
アメリカのブラックミュージックに魂を売り渡した男・エドガージョーンズがトリオ編成で新たなロックの境地を切り拓く!
この人はもともとはステアーズというこれまたドス黒くイカれたガレージ集団(下戸のジャンキー)で
マイクを握っていた人物なのですが、ステアーズ自体の活動期間はたったの2年。
まさに一夜にスイッと現れ消えていった彗星でした。
が、フロントマンのエドガーが2004年にソロ作を発表!
その作品がOASISノエルの超絶ラブコールを受けたことで一気に世間にその名を広めました。
こんなに素晴らしい音楽を世に広めるきっかけを作ったノエルには拍手喝采です。
良い音楽には良い聴き手がつくものです。

さてさて、そんなエドガーのトリオ'FREE SPACE'名義での音源ですが
youtubeになかった(涙)ので、
代わりにエドガーのソロ作"soothing music for stray cats"から1曲どうぞ!!



この1曲でこの人の魅力と才能が十分に伝わっていただけるのでは!?!?
演じ手の伸びやかな感情と豊かな才能が相俟って発せられるこの至福のミュージックが
聴く人全ての心へ贈るロック直行便!

同業のミュージシャン達も思わず嫉妬するその深い音楽愛に揉まれて生まれたアルバム「Stormy Weather」、
体験しない手はないです!
激オススメ!!


■Housse De Racket - Alesia
KITSUNEコンピに収録の・・・と言えば大方の皆様が心でガッツポーズを決めて
ショッピングカートにポイッと入れるでありましょう、ズバリそのKITSUNEに
ロックオンされた新星がアルバムを出した!



曲中で☆や★が飛び交ってるこのポッピー具合、どうだと言わんばかりのこの眩さ、
ひと夏の恋をガッシリ後押ししてくれそうなこの心地良い軽さ!
しかもリリースは、確実に良音をお届けしてくれるP-VINEから!
これ聴いて裸足で砂浜を駆けてこぉい!


■オマケ「今週のフジ」
さて、今年のフジ'11 が終わったことを認めたくない K が秘かにフジを回顧する謎のミニコーナー、
それが「今週のフジ」。
今年見たフジのアーティストのライブ映像を闇雲に振り返ります。
第1回はレッドマーキーを沸きに沸かせたRA RA RIOT!
この曲で会場一体になって踊った時の興奮と喜びを忘れないぜ!!



今度はホワイトで踊りたいね!また来てねー!!
posted by Pocket Rock DJs (by mzk) at 23:20| Comment(0) | 今週の新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。